COMITIA119(東京)レポート

COMITIA119(東京)レポート

2月12日、東京お台場のビッグサイトにて
自主制作漫画誌展示即売会『COMITIA119』が開催されました。

tia08805_1
『13時過ぎの東京ビッグサイト』

現着したのは前回の冬コミケと同じ頃でしたが、人通りには歴然とした差が見られた。
コスプレ(及びその撮影者)がいないので非常にシックかつ硬派。
アニメ絵がデカデカ印刷された紙袋持った人も一人も見なかったです。
会場(東5・6ホール)まで歩きやすいし、廊下もコミケと違ってきれいでした(笑)

このCOMITIAは「コスプレ禁止」と「二次創作禁止」が特徴で
オリジナリティへの意識が高いイベントと言えます。
(その証左に、持込漫画をメジャーの出版担当者が其の場で審査するスペイスが設けられ、
また芸術系大学生が卒業制作を実演する姿も見られた)
同人(あるいは同人誌)という言葉は古くからありますが
本来の意味での同人誌というスタンスを貫くというコンセプトから
制作者のほうが主体性が強い(よりアーティスティックな)即売会とも言えるでしょう。

tia08807_1
『キャンバスに絵を描く出展者の男性』

コミケとコミティア比べてみると、

1:会場内(ビッグサイト内)があまり寒くない
コミケは奥の扉が全開の会場では吹き込む寒風がチラシを吹き飛ばし
震えがくるほど寒かったですが
今回のコミティアでは入ってすぐ「あったかいな」と思ったほど。

2:雑貨とイラストの販売が多い
オリジナリティ重視の影響か多い印象。
女性向けのアクセや小物のほか、オリジナルと思しきキャラクタァグッズも。
(アザラシグッズ1個購入)
イラストはボードを設置して額装での展示などどれもハイクオリティで
画集が結構売れてましたね(個人的にはあまりフィーリング合うものなく未購入)
特殊な印刷をしてるらしいカード(ランプで照らす)なんかもあった。

3:女性出展者が多い
雑貨やイラストで女性多いのはわかるとして、
実はアダルト系漫画が意外と女性多くて(しかも美人ばっか)びっくり。
買ってく人はほぼ男だが、軽く会話などしながら臆面もなく買える度胸が
これまた凄い(苦笑)。自分は女性店員だとどうしても買えませんね。
(何年か前、めろ○ぶっくすでの女店員の対応がいまだにトラウマ・・・)
ぬいぐるみは余裕で買えるんだけどね。

5:午後からでも一通り見て回れる
コミケ3日分から二次系を差っ引いて1日に凝縮した感じで、
いや、コミケは1日分ですら1日ですべては見切れないでしょう。
せっかくの展示会ですから、なるべく余さず見たい――
そんな一期一会の掘り出し物狙いの私なんかはこのくらいがちょうど良い。
作品だけでなく、ディスプレイとか、客がどんなブースで足を止め、
どういうアクションをして購入してるかなど参考になる点は多い。
(机が低いので高さを意識した展示は見やすくて良いとか)

6:展示場外(通路、ATM、駅等)が落ち着いている
コミケのとき、ゆりかもめがかもめっぽくなくてがっかりしたので
今回はりんかい線で行ったんですが、
帰りは電器店に寄るため再びかもめに乗ることに。
予想していたような目だった混雑はなかったですね。(15時過ぎ)

人がどしどしぶつかってくるのは会場の中だけで、
これはコミケでも同じでやや不愉快な現象でしたが
コミティアは展示場内だけがそうで、
場外や駅まで人が次々突っ込んでくるなんてことはなかったです。
スタッフが頻繁に「スリに注意!」とか言うこともなく治安もよさげだし
具合が悪くなった人も観なかった。
どのスタッフも対応が親切丁寧なのはコミケと同様でした。

tia08813_1
『COMITIA119で購入した作品群』

基本的に文芸作品オンリーですが、
写真集は毎回一冊買うのがマイルールみたいになりました。
(すばらしいドール系写真集を購入)
烟草関連の作品が3つもあるのは偶然かしら?
また個別にレビューしていきますのでお楽しみに。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中